北播

  • 印刷
加東市観光協会によるインスタグラム投稿キャンペーン。画面を前にグラスで乾杯-
拡大
加東市観光協会によるインスタグラム投稿キャンペーン。画面を前にグラスで乾杯-

 「カンパーイ」。スマートフォンの画面を通して歓声やグラスを重ねる音が聞こえてきそうだ。

 インスタグラムを使った加東市観光協会(兵庫県加東市)のキャンペーン。同県産山田錦で醸した日本酒をたしなむ写真に「#山田錦のふるさと加東」などを付けて投稿すれば、抽選で家飲みグッズが当たる。「新型コロナウイルス感染症の恐れがないネット空間で一杯を」と担当者。画面は清酒を囲み盛り上がる写真に彩られている。

 同ウイルス拡大後、家飲みやオンライン飲み会が定着し、飲食店で飲む機会は減った。清酒の出荷量は落ち込み、酒蔵や酒販業者、酒米の生産者らは苦境に立たされている。そこで、店でなくても飲んでもらいたいと、協会が考えたのがこの企画。山田錦の生産量では全国1位を誇る兵庫県。中でも加東は誕生の地だ。

 グラスを片手に、スマホを操り現実とデジタルの世界を行き来する。コロナ前と後。手のひらほどの画面が、時代の変化を映し出す。キャンペーンは9月10日まで。(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ