北播

  • 印刷
台風の到来に備え、大形の看板を撤去する工事関係者=3日午後、西脇市野村町
拡大
台風の到来に備え、大形の看板を撤去する工事関係者=3日午後、西脇市野村町
台風の到来に備え、大形の看板を撤去する工事関係者=3日午後、西脇市野村町
拡大
台風の到来に備え、大形の看板を撤去する工事関係者=3日午後、西脇市野村町

 全国的な猛暑となった今年の8月。気象庁によると、兵庫県の北播磨地域の観測地点でも記録ラッシュが続いた。西脇では最高気温や月平均気温に加え、最低気温の高さでも観測史上1位を記録。三木でも月の平均気温や日照時間が過去最高だった。一方、晴天続きで、両地点とも月降水量は0ミリと過去最低。半面、9月に入って台風9号、10号が相次ぎ接近し、行政機関などは対応に追われている。(小日向務、長嶺麻子、中西大二)

 西脇では、観測史上最高の39・2度(8月30日)に加え、3位の38・7度(21日)など最高気温10位までのうち、8月の記録で半分の5日を塗り替えた。最低気温の高さでも21年ぶりに記録を更新、27・3度と、寝苦しい夜を裏付けている。月の平均気温も28・7度と過去最高。8月の日照時間は2016年に続く2位だった。

 三木でも月平均気温が28・8度、月間の日照時間が286・3時間で過去最高に。最高気温では8月として6位の35・7度(31日)を記録した。さらに月降水量は両地点とも0・0ミリを初めて記録している。

 ただ、9月に入って台風の接近が相次いでおり、同2日には西脇で5ミリ、三木で14・5ミリの降水量を観測。3日には強い風も吹き、行政機関が情報収集や対応に追われ始めた。

 同日午後5時までに、最大瞬間風速15・5メートルを観測した西脇市では、市発注の道路や建物の工事現場で、業者に看板などの撤去を依頼。4日は公園などの公共施設を点検し、地区と連携して水門を調節するという。多可町でも、のぼりや横断幕の撤去を進めており今後、水防も含め警戒を強めるとしている。

 小野市では各避難所の体制をチェック。防災システムなどの動作確認も行った。加東市では防災無線などで、避難先を確認するなど早めの準備を呼び掛けた。

北播の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ