北播

  • 印刷
一般公開が始まった戦闘機「紫電改」の操縦席模型=加西市鶉野町
一般公開が始まった戦闘機「紫電改」の操縦席模型=加西市鶉野町

 太平洋戦争末期、旧日本海軍が開発した戦闘機「紫電改」の操縦席を再現した実物大模型の公開が6日、兵庫県加西市鶉野(うずらの)町、鶉野飛行場跡に建設された備蓄倉庫で始まった。計60人が搭乗し、多くのメーターなどが並ぶリアルな操縦席を体感していた。(小日向務)

北播の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ