北播

  • 印刷
飲食店応援のため5月に発行された商品券。1万円の商品券も同様のデザインになるという=小野市役所
拡大
飲食店応援のため5月に発行された商品券。1万円の商品券も同様のデザインになるという=小野市役所

 新型コロナウイルス感染症で落ち込んだ地元店舗を支援するため、兵庫県小野市は14日、全市民に1万円の商品券を贈ることを明らかにした。年越し支援として、11月中旬以降に郵送。市民が登録店で使うと、店主は換金できるほか、地域通貨として市内店舗での支払いに充てることもできる。

 蓬●務市長が同日、感染症対策に伴う補正予算措置に関連し市議会で答えた。

 同市は5月、同感染症の影響で売り上げが減った飲食店で使える先払いチケット「らっきゃらっきゃ券」を発行し、市内の店舗を支援した。

 今回の商品券は「おの恋らっきゃらっきゃ券」と名付け、事業者支援に加え市民の生活支援も目指す。現金支給では預金に回る可能性が懸念され、プレミアム付き商品券では購入資金が必要となることから、商品券を贈ることにした。

 10月1日時点で住民票がある市民約4万8千人に千円券10枚を郵送。7千円分は「共通券」として全登録店で使うことができ、3千円分は「地域利用券」として小規模な個人商店でのみ使えるようにする。使用期限は来年3月21日まで。

 商品券に関わる費用として約5億1千万円を見込む。国の新型コロナウイルス感染症対策として交付された約3億8千万円を活用し、不足分の約1億3千万円については今後、補正予算を組むという。(笠原次郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

※●は「莱」の「来」が「來」

北播の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ