北播

  • 印刷
写真や絵画、造形など多彩な作品が並ぶ会場=岡之山美術館アトリエ
拡大
写真や絵画、造形など多彩な作品が並ぶ会場=岡之山美術館アトリエ
屋外に展示された大西憲治さんの作品=岡之山美術館アトリエ
拡大
屋外に展示された大西憲治さんの作品=岡之山美術館アトリエ
藤井和久さんによる女性の二面性を表現した金属作品=岡之山美術館アトリエ
拡大
藤井和久さんによる女性の二面性を表現した金属作品=岡之山美術館アトリエ

 絵画や造形、写真など多種多様なアート作品を紹介する「空想塾展」が、兵庫県西脇市上比延町の岡之山美術館アトリエで開かれている。20代から70代までの市内外の14人による計127点が屋内外に並ぶ。27日まで。

 空想塾は、同市の彫刻家藤井和久さん(71)が中心となって1992年に誕生した。年齢や習熟度をはじめ、ジャンルを問わずに多くの制作者がつながり、月1、2回のペースで展示を続けていたが、発表の場が閉店となったことなどを機に、15年ほど前から休止状態にあった。

 メンバーは、それぞれ市展、県展などへの応募や個展の開催などを続けていたが、多くが古希を過ぎたことなどから、再度、「コラボレーションアート」を標ぼうする空想塾としてのグループ展を開こうと、若い制作者らにも声を掛けて実現した。

 藤井さんは、左右で表情が大きく異なる、妖しく神秘的な、女性の顔の金属造形などを出品。鐘ヶ江総代さん=小野市=の歌手トータス松本さんらをモデルにした籐(とう)工芸、多様な素材をコラージュした大西憲治さん=多可町=の絵画のほか、夜景や海外での風景を切り取った写真などが並ぶ。

 藤井さんは「発足メンバーは年を取ったけれども、若い人たちがまた、自由な発表の場として、新たな空想塾を繰り広げていってもらえれば」と話している。

 アトリエは入館無料。午前10時~午後5時(27日は午後3時)。23日休み。同館TEL0795・23・6223

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ