北播

  • 印刷
視聴者らに乾杯を呼び掛けた後、各銘柄の感想を語る吉田類さん=やしろ国際学習塾
拡大
視聴者らに乾杯を呼び掛けた後、各銘柄の感想を語る吉田類さん=やしろ国際学習塾
ライブ配信された会場。無観客ながら大勢の参加者が視聴した=やしろ国際学習塾
拡大
ライブ配信された会場。無観客ながら大勢の参加者が視聴した=やしろ国際学習塾
升を持って日本酒について語る吉田類さん=やしろ国際学習塾
拡大
升を持って日本酒について語る吉田類さん=やしろ国際学習塾
まつりの開催を祝い鏡開きをする吉田類さん(右から2人目)と安田正義市長(右から3人目)=やしろ国際学習塾
拡大
まつりの開催を祝い鏡開きをする吉田類さん(右から2人目)と安田正義市長(右から3人目)=やしろ国際学習塾
加東市産山田錦PR大使の委嘱式。安田正義市長(左)から日本酒を受け取る吉田類さん(右)=やしろ国際学習塾
拡大
加東市産山田錦PR大使の委嘱式。安田正義市長(左)から日本酒を受け取る吉田類さん(右)=やしろ国際学習塾

 兵庫県加東市特産の酒米山田錦を使った日本酒の飲み比べが楽しめる恒例の「山田錦乾杯まつり」が22日、ウェブ上で開催された。ライブ中継されたやしろ国際学習塾(同市上三草)には“酒場詩人”として知られ、加東市産山田錦PR大使を務める吉田類さんが登場。多彩な銘柄の日本酒を堪能する様子を配信し、まつりを盛り上げた。(中西大二)

 新型コロナウイルス感染症の影響で会場開催は見送ったが、酒造会社や生産者らを応援するため、ネットでの催しを企画した。

 配信は午後2時からスタート。安田正義市長が吉田さんにPR大使の再委嘱をし、たる酒を鏡開きした。その後、地元の神結酒造の清酒「加東」で乾杯した。

 試飲の最初は、旭酒造(山口県)が加東市藤田地区で収穫された山田錦のみで仕込んだ、純米大吟醸の限定酒「獺祭ふじた」。吉田さんはカメラに向けて乾杯し「香りが素晴らしい。さわやか」と目尻を下げた。

 ツイッターでは、試飲してほしい日本酒などの投稿を呼び掛けた。視聴者の要望に沿う形で本田商店(兵庫県姫路市)の「龍力」や、宮坂醸造(長野県)の「真澄」などが運ばれ、口に含むと「優しい女性のよう」などと詩人らしい表現で感想を述べた。

 吉田さんは「オンラインでも愛好家の皆さんと絆を深められた」とし、「来年は加東に集まり乾杯したい」と話した。

 特設サイトは12月21日まで開設。20の酒蔵が醸造した日本酒や、飲み比べセットなどを販売する。https://kanpaimatsuri.com/

北播の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ