北播

  • 印刷
小野市役所=小野市中島町
拡大
小野市役所=小野市中島町

 新型コロナウイルス感染症に伴う経済対策として兵庫県小野市は、一般家庭と個人事業主の水道料金の無料期間を6カ月延長する。企業の基本料金も6カ月免除する。同感染症の終息が見通せず、市民の経済的負担を軽くする必要があるとして、延長を決めた。同市は既に水道料金を半年間無料にしており、1年間の減収を約6億2千万円と見込んでいる。

 同市は5月から、平均的な4人家族の世帯で半年1万6500円となる水道料金を無料にし、企業の基本料金も水道管の口径に応じて6カ月で8千~103万円を免除。これを受け、県営水道が3カ月無料となったことから、水道料金を減免する動きが県内市町に広がった。

 延長期間は11月から半年間。この間の減収額は1年間で約7億円に上るが、県営水道の3カ月間料金免除によって約8千万円が相殺される見込み。

 市水道部によると、市の水道事業会計には約20億円の剰余金がある。さらに、昨年3月時点で上水道の水道管総延長約330キロのうち法定耐用年数(40年)を超えているのは約12キロで全体の3・6%にとどまっている。全国平均の17%を大きく下回り、当面は大規模修繕などの予定はないという。(笠原次郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ