北播

  • 印刷
歩き慣れたコースを進む竹田正一さん=県立播磨中央公園
拡大
歩き慣れたコースを進む竹田正一さん=県立播磨中央公園
歩数計を兼ねた携帯電話には1日2万歩前後を歩いた記録が残る=県立播磨中央公園
拡大
歩数計を兼ねた携帯電話には1日2万歩前後を歩いた記録が残る=県立播磨中央公園

 兵庫県加東市の竹田正一(まさいち)さん(84)が毎日10キロを歩く習慣を、14年間続けている。午前3時半に起き、自宅近くの県立播磨中央公園(加東市下滝野)を約2時間かけて1周する。「健康の秘策は歩くこと」と、90歳を視野に今後も早朝散歩を続けるという。(笠原次郎)

 竹田さんは西脇市で30年以上、織物工場を経営。70歳になったのを機に歩き始めた。夜は午後9時に就寝し、午前3時半に起床。顔を洗って、車で5分ほどの同公園に向かう。

 同公園は約180ヘクタールと広大な敷地が広がり、野球場や芝生広場、散策コースなどが点在する。竹田さんが歩く時間帯はまだ真っ暗。懐中電灯を手に進むと、近くをイノシシが走り回り、ウサギに出くわすことも。「早朝の園内は静かで気持ちがいい」と話す。

 大雨でも傘を差して歩き、真夏の暑さにも負けず進む。台風が来た日には過ぎ去った午後に歩いたこともあるといい、ほぼ毎日、続けてきた。唯一、つらいのは真冬の寒さで、手袋をしていても指先が凍えそうになる。

 毎日1時間50分ほどかけて約10キロを歩くが、それでもまだ元気が有り余っているので、週3日はグラウンドゴルフをプレーする。グラウンドゴルフをした日には歩数計が2万歩を超す。

 体を十分動かし、毎晩、缶ビールで晩酌をするのが楽しみだ。「今まで元気でいられたのは、歩いてきたおかげ。次は90歳を目標に歩き続けたい」と笑顔を見せた。

北播の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ