北播

  • 印刷
西脇工の1区久保希蘭々選手(右)からたすきを受け取る2区松井晶選手=西脇市総合市民センター
拡大
西脇工の1区久保希蘭々選手(右)からたすきを受け取る2区松井晶選手=西脇市総合市民センター
西脇工の3区藤井利哉選手(左)から4区寺本京介選手にたすきがわたる=西脇市総合市民センター
拡大
西脇工の3区藤井利哉選手(左)から4区寺本京介選手にたすきがわたる=西脇市総合市民センター

 男子第75回、女子第37回兵庫県高校駅伝東播地区予選会(神戸新聞社後援)が24日、同県西脇市西脇の市総合市民センターを発着、中継点とするコース(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)で開かれた。西脇工は男子が46連覇、女子が11年連続28度目の優勝を飾った。男子では小野が4位に入賞し、西脇が6位と9年ぶりに県大会への切符を手にした。8位の三木はタイムでの追加出場枠に期待を残す。女子は小野が2位、三木が5位に食い込んだ。地区予選通過校は11月8日に丹波篠山市で開かれる県大会に出場する。(長嶺麻子)

■西脇工・男子 選手層の厚さで他チームを圧倒

 西脇工の男子は、オープン参加チームが、正規チームに先んじて2時間9分台でゴールするなど、選手層の厚さを感じさせた。だが、田口文太主将(3年)は「故障上がりのメンバーもいたが、先行するオープンチームと途中から差が開いたのは課題」と、県大会でライバル校に勝つための戦いを意識する。

 約3カ月間、学校での練習は中止となったが、分散参加で実施した夏合宿を経て、それぞれ自己記録を更新した。昨年、都大路を経験した藤井利哉選手(3年、3区)は「今年も駅伝があると信じて努力してきた。県では区間賞を目指し、周りに恩返しできる結果を出していきたい」。

■西脇工・女子 2位と3分超差、貫禄の走り見せ

 西脇工の女子は、2年生のダブルエースをともに欠きながら、2位と3分21秒差をつける貫禄の走りを見せた。新型コロナウイルス感染症で、練習もレースの準備も、いつも通りとはいかなかった。陰山朋佳主将(3年)は「今後も練習を重ね、県大会では、全員が余裕と自信をもって取り組めるようにしたい」と話す。

 同校出身で陸上女子1500メートル、3000メートルの日本記録保持者田中希実選手の妹、希空選手(1年)は4区で出場。「ラスト1キロの坂道でペースが落ちた」と振り返りつつ、「苦しくても楽しく走りたい」と笑顔を見せた。

■各地区の予選成績はこちら(※成績は会員向け有料)

北播の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ