北播

  • 印刷
緑に囲まれ、景色も良い園路。サイクリングコースとして整備される=播磨中央公園(兵庫県提供)
拡大
緑に囲まれ、景色も良い園路。サイクリングコースとして整備される=播磨中央公園(兵庫県提供)

 兵庫県は、播磨中央公園(同県加東市下滝野)について、来年度からサイクルスポーツの拠点として整備を加速させる。大規模大会の誘致も視野に自転車コースを新設。近年、自転車ツーリズムの交流人口が拡大していることもあり、県は「初心者から競技者まで幅広い層が楽しめる施設づくりを目指したい」としている。(中西大二)

 同公園は1978年に開園。約180ヘクタールと県内最大級の広さを誇る。ただ、近年の入園者は年間40万~45万人で推移し、大きな減少はないものの施設の老朽化が進み、時代に対応した公園づくりの必要性が求められてきた。このため、市民や学識経験者らが参加するリノベーション分科会で、自転車を軸にした計画案を検討してきた。

 具体的には、園北東部「自然散策ゾーン」の3キロの園路について、現在は歩行者向けだが、安全性を確保しながら常時、自転車が乗り入れられるようにする。その際、散策やジョギングする人も安全に楽しめるよう歩道と車道を分ける「歩車分離」方式の導入を検討する。

 既に園内に整備されている自転車向け施設「ふじいでんこうさいくるらんど」の周遊コースも、現在の貸自転車だけでなく、サイクリストらが持ち込む自転車で走行できるようにする。

 この2カ所を接続して全長7・2キロのコースとし、大規模大会の誘致も視野に整備。今夏、その先駆けとして、園内にサイクルステーションがオープン。トイレや遊具についても更新を進めていく。

 まだ構想段階だが、現在の野外ステージを撤去し、跡地にアクロバティックな自転車の競技も楽しめる新たなステージを設ける案や、マウンテンバイクのオフロードコースの新設、山道を走るトレイルランのコースを整備する案も検討中という。

 県関係者は「サイクルスポーツの拠点として公園の魅力を高め、集客力を高めていきたい」と話している。

北播の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ