北播

  • 印刷
迎春準備で早くも設置された巨大絵馬=播州成田山
拡大
迎春準備で早くも設置された巨大絵馬=播州成田山

 兵庫県西脇市小坂町の播州成田山で30日、うし年の巨大絵馬(縦4・5メートル、横7メートル)が設置された。優しい目をしたウシが、しっかりとした足取りで小判や米俵を満載した宝船を引く図柄となっており、境内の入り口で参拝者を迎える。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、成田山でも春の大祭の火渡りや餅まきが中止に。打ち上げ花火や盆踊りがあって例年多くの人出でにぎわう夏祭りも見送った。来年の初詣は参道の幅を広く確保しつつ、分散参拝を呼び掛けていくという。

 絵馬はこの日午前、大型クレーン車で取り付けられた。参拝者の健康と同感染症の早期収束を願い、入魂開眼の儀を行った笹倉照暉主管(42)は「コロナで下を向きがちだが、絵馬を見上げて明るい気持ちになってほしい」と話していた。(長嶺麻子)

北播
北播の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ