北播

  • 印刷
フォトコーナーで鬼の面をかぶって記念写真に納まる子どもたち=加西市立図書館
拡大
フォトコーナーで鬼の面をかぶって記念写真に納まる子どもたち=加西市立図書館

 節分を前に、兵庫県加西市立図書館(同市北条町北条)は24日、フェースシールドを使って鬼の面を作る工作教室を開いた。子どもたちは出来上がった面をかぶり、同館の一角に設けられたフォトコーナーで、記念撮影を楽しむなどした。

 新型コロナウイルス禍でも、子どもらに安心して楽しんでもらえるよう企画した。短時間で仕上げられるように、同館の職員が、鬼の角や眉毛、口など、顔のパーツを事前に用意。子どもたちは、好きなパーツを選んで貼り付け、面を完成させた。

 フェースシールドは、同市内に本社を置く企業が製造しており、鬼の面には同館の保管分を使用した。ピンク色の面を作った、北条東小1年の女児は「鬼は家には来ないよ」としながら、「もし来たらお面を使ってやっつけるよ」と楽しそうだった。

 企画した同館司書の中倉恵さんは「コロナ禍では制限もあるけど、お面で感染症対策も兼ねて楽しんでもらえたら」と話していた。フォトコーナーは2週間ほど設置するという。(長嶺麻子)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

北播
北播の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 70%

  • 9℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ