北播

  • 印刷
2月から新型コロナウイルス感染症の陽性患者を受け入れる西脇病院=西脇市下戸田
拡大
2月から新型コロナウイルス感染症の陽性患者を受け入れる西脇病院=西脇市下戸田

 西脇病院(兵庫県西脇市下戸田)は2月2日から、新型コロナウイルス感染症の陽性患者を受け入れる。県加東健康福祉事務所管内でも同感染症が拡大し、自宅待機患者が急増。このため、軽症または呼吸器不全のない中等症患者を対象に専用病床を5床、回復者の一時受け入れ病床を4床確保する。

 感染の急拡大で県内のコロナ向け病床の使用率は8割近くで推移しており、感染状況を示す指標は「ステージ4」が続く。新規感染者の大幅な減少もなく、各地で患者の受け入れがひっ迫していることから、14日、県の要請を受けて同院での開設を決めた。3月末までを予定している。

 同院は320床あり、内科、循環器科などの患者が入院していた4階南入院棟の24床を使って設置。陽性患者の動線は一般病棟と切り離すほか、病棟は床から天井までを仕切り板などで完全に分割して感染リスクをなくす。内科医1人を専任医師とし、管理監督職3人を含む12人の看護師を専従にする。

 陽性患者は県と調整しながら、同市外からも受け入れる。外来や手術の運用体制に変更はないが、入院の日数短縮などを依頼するほか、救急患者の受け入れに影響を及ぼす可能性は残るという。屋外での発熱トリアージ外来は、これまで通り継続する。

 コロナ専用病床の開設費用が国から出るほか、県から約1億1200万円が補てんされる予定。しかし、同感染症拡大に伴い、同院への外来、入院患者は減少しており、同院の本年度の決算は、約2億5千万円の赤字を見込んでいた。(長嶺麻子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播
北播の最新
もっと見る

天気(3月5日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ