北播

  • 印刷
色彩豊かな「つるし雛」=加東市観光協会
拡大
色彩豊かな「つるし雛」=加東市観光協会

 女の子の健やかな成長や家内安全などを願う「つるし雛(びな)」が兵庫県加東市河高、加東市観光協会にお目見えした。ひな人形の七段飾りも展示され、来訪者らの目を楽しませている。

 同市大畑でひな人形やこいのぼりなどを扱う会社「土肥人形」が提供した。つるし雛は高さ約80センチ。色鮮やかな布製の人形や野菜、動物などが連なる。それぞれに健康祈願や厄よけ、長寿などの意味があるという。

 同協会の展示スペースは華やかな雰囲気に包まれ、足を止める人が少なくない。新型コロナウイルスの重苦しさが世間を覆う中、土肥昭彦社長(55)は「少しでもみなさんの気持ちが癒やされれば」と話す。展示は4月3日まで。(中西大二)

北播
北播の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 9℃
  • 5℃
  • 20%

  • 14℃
  • 5℃
  • 30%

  • 13℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ