北播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 兵庫県加西市が26日開会の市議会定例会に提出した2021年度当初予算案は、新型コロナウイルス感染症の大きな影響が続く中、市民生活や地域経済の安定に加え、市内外の住民との連携強化などに重点を置いた編成となった。一般会計は前年度比2・4%増の218億4000万円。同感染症の影響で市税収入は11・3%の減少を見込むが、ふるさと納税による寄付金も活用し、多くの新規事業に着手する。(小日向務)

 西村和平市長は予算案を説明する記者会見で「財政が厳しく、これまでできなかった事業が、今回盛り込めた」と胸を張った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

北播
北播の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • 8℃
  • 0%

  • 18℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

  • 20℃
  • 5℃
  • 0%

お知らせ