北播

  • 印刷
加西市や姫路市など4市でつくる協議会が作製したパンフレット=加西市役所
拡大
加西市や姫路市など4市でつくる協議会が作製したパンフレット=加西市役所

 兵庫県加西市や同県姫路市など旧海軍飛行場ゆかりの4市がつくる「空がつなぐまち・ひとづくり推進協議会」は、各地に残る戦争遺跡などを紹介する平和ツーリズムのパンフレットを作製した。旅行会社や学校などに配布し、積極的にPRに取り組むという。

 協議会に参加するのは、2市のほか、大分県宇佐市と鹿児島県鹿屋市で、4市とも太平洋戦争末期に出撃した神風特別攻撃隊と関わりがある。戦後75年以上が経過し、戦争経験者が少なくなっていく中、平和学習の重要度が増している。各市とも平和学習の環境を整備しており、連携してPRすることになった。

 パンフレットで、隣接している姫路市と加西市は合わせて紹介している。加西市の鶉野飛行場跡や鶉野平和祈念の碑苑(えん)、特攻隊に関わる映像を上映している巨大防空壕(ごう)、姫路市の市平和資料館、姫路城などの施設を掲載。観光スポットなどを交えて半日から1泊2日のモデルコースも提示する。

 一方、宇佐市の平和資料館、鹿屋市の鹿屋航空基地史料館など両市でも平和学習の拠点施設や、観光スポットを紹介し、モデルケースを掲載している。同協議会事務局(加西市人口増政策課)TEL0790・42・8700

(小日向務)

北播
北播の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ