北播

時計2021/5/14 05:30神戸新聞NEXT

  • 印刷
水面から花びらをのぞかせるバイカモ=多可町加美区大袋
拡大
水面から花びらをのぞかせるバイカモ=多可町加美区大袋
水面から花びらをのぞかせるバイカモ=多可町加美区大袋
拡大
水面から花びらをのぞかせるバイカモ=多可町加美区大袋
水面から花びらをのぞかせるバイカモ=多可町加美区大袋
拡大
水面から花びらをのぞかせるバイカモ=多可町加美区大袋

 梅に似た白い花を咲かせる水草「バイカモ」が、兵庫県多可町加美区大袋の農水路でかれんな姿を見せている。冷涼な清流にのみ生息する花は地域のシンボルでもあり、付近の住民は毎月のように水路を手入れしている。

 漢字では「梅花藻(ばいかも)」と書く、キンポウゲ科の多年草。流れる水の中でしか育たず、1メートルほどの長さになる。水の中で開花し、晴れの日が続いて水量が減ると、水面から花びらが顔をのぞかせる。

 同区では農水路に土を残して自生地を確保し、ところどころにバイカモが見られる。今年は例年よりやや早い4月上旬から開花し、休日には立ち止まって愛らしい姿を写真に収める人も多いという。

 花は咲いたりしぼんだりを繰り返しながら、初秋まで楽しめる。農水路沿いで古民家カフェを営む女性(53)は「花を見ると、水路の掃除に精を出す地域の人たちの顔が思い浮かぶ」と話した。(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ