北播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県西脇市は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、8月28、29日に予定されていた「へその西脇・織物まつり」を中止すると発表した。取りやめは2年連続。また、多可町で同月15日に開催予定だった「多可町ふるさとの夏まつり」も中止が決まった。

 へその西脇・織物まつりでは例年、打ち上げ花火や播州織のファッションショー、市内に流れる川の頭文字を冠した「加杉野おどり」などが催される。2005年、市町合併により現在の西脇市が誕生してから毎年開かれ、夏の恒例イベントとして定着していた。

 主催する祭典委員会は、新型コロナの感染収束が見通せないことなどを受けて中止を決定。播州織の発展を願う神事は規模を縮小して実施を検討しているという。

 「多可町ふるさとの夏まつり」も打ち上げ花火や盆踊りがあり、毎年大勢の人でにぎわう。緊急事態宣言の影響で開催可否を議論する場も持てず、関係者に郵送でアンケートを行った結果、「中止すべき」という意見が多数を占めた。2019年は台風に見舞われ、3年連続の中止となった。(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月2日)

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ