北播

  • 印刷
全国大会への決意を読み上げる中学生=西脇市西脇
拡大
全国大会への決意を読み上げる中学生=西脇市西脇

 兵庫県西脇市のスポーツ全国大会出場者の壮行会が28日、同市西脇の総合市民センターで開かれた。野球や陸上競技、空手道など6競技の計23人が出席し、大舞台に向けた意気込みを語った。

 市内に在住か在勤、在学している選手が対象。片山象三市長は「日々の研さんの結果が出たことは喜ばしい。今後の活躍に期待している」と出席者を激励。市から各団体と個人に激励金の目録が贈られた。

 小中学生7人が9月に群馬県で開催される全国空手道選手権大会に駒を進めた「西脇空手道スポーツ少年団」の選手は、会場で空手の形や組み手を披露。少年団の高瀬零音さん(13)は「激励への感謝の気持ちを忘れず、目標を達成したい」と抱負を述べた。

 また、10月に三重県で開かれる全国障害者スポーツ大会で陸上100メートル、200メートルに出場する視覚障害者の藤浦福己選手(68)は「県代表として、68歳で出場した選手は初めてと聞いた。70歳まで代表に選ばれるよう、自己ベストを目指して頑張りたい」と意気込んだ。(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ