北播

  • 印刷
ふるさと納税寄付金の全国9位などを祝ったセレモニー=加西市役所
拡大
ふるさと納税寄付金の全国9位などを祝ったセレモニー=加西市役所

 兵庫県加西市は、2020年度のふるさと納税による寄付額が53億3751万円に達し、全国の都道府県や市町村計1788自治体中9位となったことを記念したセレモニーを同市役所1階で開いた。くす玉からは全国9位などを祝う垂れ幕が下がり、市内外の住民へ紹介するため、来年1月まで展示するという。

 同市のふるさと納税受け入れ額は、制度を始めた2008年度は580万円だったが、増加傾向が続き、19年度には20億円を超えた。20年度は、新型コロナウイルス感染症による「巣ごもり需要」などもあり、2倍以上に増えた。

 通常のふるさと納税に加え、国の助成制度を利用した返礼品の牛肉2倍キャンペーンや、子どもたちへのマスク配布事業などのクラウドファンディングも実施し、寄付を伸ばした。県内では、洲本市(約53億9800万円、全国8位)に次いで2番目となった。加西市の21年度受け入れ額は9月22日時点で、12億円弱となっている。

 22日にあったセレモニーでは西村和平市長ら市幹部らがくす玉を割って好成績を祝った。西村市長は「市民と一緒に喜ぼうとセレモニーを企画した。コロナ禍による地元企業の支援にも利用できた」とあいさつした。(小日向務)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ