北播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 多可町議選(定数14)は10月31日に投開票され、新たな議員の顔ぶれが決まった。当選者は現職11人と新人3人で、男性13人、女性1人。党派別では公明1人、共産1人、無所属12人-だった。投票率は67・33%で、前回の選挙戦が行われた2013年から、ほぼ横ばいとなった。

 当日有権者数は1万6960人。有効投票数は1万1039、無効投票数は380だった。

 同町議選では13年の投票率が67・41%で、旧3町が合併した05年以降の最低を記録。17年は立候補者が定数と同数だったため無投票となり、今回が8年ぶりの選挙戦だった。

 同町役場で1日に行われた当選証書授与式では、当選者14人と、町長選で無投票当選した吉田一四氏(65)が当選証書を受け取った。町選挙管理委員会の真鍋正昭委員長は「卓越した発想力、行動力で未来ある多可町を作ってほしい」と激励した。

 1397票でトップ当選し、2期目に臨む門脇教蔵氏(73)は「選挙戦となったことで、町民に信を問うことができた。人口減少に立ち向かうため、企業誘致や住宅の確保に向けて知恵を絞りたい」と抱負を述べた。(伊田雄馬)

北播選挙
北播の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ