北播

  • 印刷
辻由起子さん(小野市提供)
拡大
辻由起子さん(小野市提供)

 増加するDV(ドメスティック・バイオレンス)が女性と子どもに与える影響を学ぶ講演会が16日、兵庫県小野市中島町の市うるおい交流館エクラで開かれる。年間千件以上の子育て相談を受け、厳しい環境に置かれている女性らの実情を知る大阪府子ども家庭サポーターの辻由起子さんが講師を務める。

 警察庁によると、2020年中に確認された配偶者などパートナーに対する暴力の被害は8万2643件(前年比0・5%増)で、17年連続で最多を更新している。DV被害者の76・4%は女性で、男性の被害も増加傾向という。

 講演会は、コロナ禍で増加するDVについて理解を深め、身近で見聞きした場合の対応について考えてもらおうと、小野市男女共同参画センターが企画した。

 講師の辻さんは18歳で結婚し、19歳で出産。23歳でシングルマザーになった。社会福祉士の資格を持ち、苦しい立場に置かれた女性や子どもたちと接してきた。今回は、DVが女性と子どもに与える影響と心の回復について解説する。

 午後2~4時。参加費無料。定員30人(先着順)。小野市外からの参加も可能。電話、窓口などで申し込む。無料の託児所もある(要予約、定員10人、1歳~小学3年まで)。エクラTEL0794・62・6765

(杉山雅崇)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ