北播

  • 印刷
動画一覧へ
白バイの運転技術を競う警察官ら=小野市山田町
拡大
白バイの運転技術を競う警察官ら=小野市山田町

 警察官が白バイの運転技術を競う「兵庫県警白バイ安全運転競技大会」がこのほど、同県小野市山田町の県警緊急自動車総合訓練センターであった。参加者たちは、コース内に設置された障害物を巧みなハンドルさばきでかわしながら疾走した。

 運転技能の向上を目的に毎年開催しており、今回は2年ぶり10回目となる。例年は警察業務を身近に感じてもらおうと一般公開しているが、新型コロナウイルス感染対策として無観客で実施した。

 この日は、各警察署を代表して43人が参加。交通機動隊での勤務経験の有無によって2部門に分かれ、コース内に設置されたパイロンをかわしながらゴールを目指す、「傾斜走行操縦競技」で順位を競った。

 参加者は乗り慣れた白バイにまたがり、車体をぎりぎりまで傾けて急カーブを曲がり、小刻みなハンドル操作でパイロンの間を縫うように走った。

 33人が参加した交通機動隊未経験者の部で1位になった垂水署の山田圭佑巡査部長(30)は、「適度な緊張感で思い通りの運転ができた。技術を取り締まりに生かしたい」と話した。(谷川直生)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ