北播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの経済対策で、18歳以下の子どもへの10万円相当給付について、兵庫県西脇市は13日、クーポン5万円分も含め、全額を現金で給付する方針を明らかにした。北播磨地域の自治体では同県小野市に続き2例目。

 政府は5万円の現金給付と5万円分のクーポン支給を基本としつつ、全額の現金給付も認める考えを示している。今月9日に小野市が、クーポンを採用せず現金で給付する方針を発表して以降、西脇市にも市民から問い合わせが寄せられていたという。

 同市は「現金の方が使いやすいことに加え、クーポンにした場合は、事務手続きなどのため支給が3月以降になり、入学や卒業の準備に間に合わない可能性がある」と説明している。

 13日の市議会予算常任委員会で、片山象三市長が現金での給付を明らかにした。10万円を2回に分けて給付し、1回目は今月27日以降、2回目は来年2月下旬以降の見通しという。所得制限は撤廃せず、対象の子どもは5860人。(伊田雄馬)

【関連記事リンク】10万円給付 兵庫の15市町、現金で年内一括支給へ

小野市の10万円現金給付 北播各自治体に戸惑いの声

10万円給付、小野市が全額現金支給 所得制限も撤廃

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ