北播

  • 印刷
20年前に書かれた2326通の手紙=加東市役所
拡大
20年前に書かれた2326通の手紙=加東市役所

 合併前の滝野町(兵庫県現加東市)が2001年12月に募集した、20年後の自分や家族、友人らに宛てた手紙が発送される。21世紀を迎えた記念事業の一環として同町が企画。県内各地から2千通以上が寄せられ、合併後も加東市が保管していた。年明けから発送予定で、20年の時を経てメッセージが届く。(中西大二)

 当時、企画を担当した元町職員によると、20年後を想定した手紙を書くことで、将来の夢や目標について考え、さらに家族を思いやる気持ちを育むきっかけにしてもらおうと発案された。

 手紙は同町の住民に限らず広く募集し、計2326通が集まった。北播磨や東播磨地域のほか、神戸市の住民も滝野温泉ぽかぽなどにある町内の専用ポストに投函(とうかん)した。また、企画を知った姫路市の小学校では学校ぐるみで取り組んだという。宛先も兵庫県内だけでなく、遠くは宮城県や鹿児島県にも及んでいる。

 ちょうど小学生の時、自身宛てに手紙を書いたという加東市企画政策課の担当者は「何を書いたか忘れてしまった」と苦笑いしつつ「封を開けるのは少し怖いけれど楽しみが大きい。皆さんも届く日を心待ちにしていただければ」と話している。

 同課で発送先を確認しているが、20年前から住所や名前が変更された場合は連絡を呼び掛けている。同課TEL0795・43・0388(1月3日まで休み)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(1月20日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 4℃
  • ---℃
  • 80%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ