北播

  • 印刷
夕日を受けて輝くもち麦畑=加東市福吉
拡大
夕日を受けて輝くもち麦畑=加東市福吉

 兵庫県加東市内の約100ヘクタールに広がるもち麦畑が収穫を間近に控え、色づいている。こうべを垂れた穂が風に揺れ、夕日を浴びて輝くと、黄金の海にも見える。収穫作業は来週ごろ本格化する見通し。(岩崎昂志)

 同市内では2017年から栽培が始まり、特産化を目指している。炊飯しても変色せず、においが少ない品種「キラリモチ」を、市南西部を中心に営農組合10団体、個人5軒が育てる。食物繊維が豊富で、健康食品としてもPRしている。

 今年は気候などの影響で生育が1週間ほど遅く、今月上旬から穂が色づき始めた。同市福吉の畑では穂の上をツバメやスズメが盛んに飛び交い、夕暮れの光を反射すると、きらきらとまたたくように見えた。

 収穫後は食品メーカーのマルヤナギ小倉屋(神戸市東灘区)が買い取り、炊飯用のほかに、粉に加工されて麺やパンにも使われる。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(6月27日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ