北播

  • 印刷
太鼓を寄贈した(左から)獅子舞保存会の田中稔さん、田中安則会長と、小野市立好古館の粕谷修一副館長=小野市西脇町
太鼓を寄贈した(左から)獅子舞保存会の田中稔さん、田中安則会長と、小野市立好古館の粕谷修一副館長=小野市西脇町

 兵庫県小野市西脇町の「西脇町若一神社獅子舞保存会」が28日、「文化六(1809)年」と銘打たれた囃子(はやし)太鼓、締太鼓を市立好古館(同市西本町)に寄贈した。囃子太鼓は江戸期から200年近く、地域の秋祭りに欠かせない存在として親しまれていた。保管していた同町青年会館のリフォームを機に、地域の文化遺産を後世に伝えてもらおうと寄贈を決めた。(杉山雅崇)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ