医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
薬を作る様子を見学するヤーノルド氏(左端)と小川恭弘氏(左から2人目)ら=神戸低侵襲がん医療センター
拡大
薬を作る様子を見学するヤーノルド氏(左端)と小川恭弘氏(左から2人目)ら=神戸低侵襲がん医療センター

 過酸化水素(オキシドール)を用いて、手術なしでの乳がん放射線治療に取り組む神戸市中央区の神戸低侵襲がん医療センター(KMCC)で1日、英ロンドンの王立マースデン病院放射線科医のジョン・ヤーノルド氏(68)ら6人が治療風景を視察した。英国での公的保険適用に向けた臨床試験(治験)を準備中のヤーノルド氏は「乳房を守り大きな効果を出せる治療法。世界に広めたい」と話した。

 兵庫県立加古川医療センター(加古川市)の小川恭弘院長(64)が開発した「酵素標的・増感放射線療法(KORTUC)」。オキシドールから作った薬を患部に注射し、効果を妨げるがん細胞内の酵素を分解してから放射線治療を行う。

 小川院長が高知大教授だった2006年から治療を始めた。これまでにKMCCでの33人をはじめ、全国10カ所余りの病院で700人以上に実施。薬物治療と併用し、9・5センチ大のがんが消えた人がいるほか、肝臓やすい臓など別のがん治療でも利用されている。

 ヤーノルド氏らは薬の作製や、患者に注射する様子などを見学。英では来月にも治験を始め、5年後の公的保険適用を目指す。

 小川院長は「日本では研究費の問題などで治験は始まっていない。英国で効果を証明してもらい、日本、世界の患者に届けたい」と強調した。(山路 進)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(5月1日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ