医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 不整脈の一種で、心臓の上半分にある心房がけいれんする「心房細動」に対する新しい治療法として、心房内で膨らませたバルーン(風船)で心筋の組織を加熱する「ホットバルーン」が注目されている。兵庫県内では神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)などが導入。同病院循環器内科の小堀敦志医長(46)は「従来の治療法に比べて簡便で、安全性や効果も高まった」と話す。(田中伸明)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 29℃
  • 18℃
  • 20%

  • 28℃
  • 22℃
  • 10%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ