医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
高橋裕准教授
拡大
高橋裕准教授

 神戸大の研究グループは、甲状腺刺激ホルモンなど3種のホルモン分泌が低下して起こる病気「抗PIT(ピット)-1抗体症候群」について、胸にある臓器「胸腺」で異常な免疫細胞が作られることが原因と解明し、英科学誌電子版にこのほど発表した。

 研究は、同大の高橋裕准教授、井口元三講師、坂東弘教医学研究員(いずれも糖尿病内分泌内科学)らが行った。

 同症候群は、異常なキラーT細胞が正常な細胞を攻撃して起こる自己免疫疾患で、2010年に高橋准教授らが発見。指定難病の下垂体機能低下症に分類されている。

 研究によると、異常なキラーT細胞は、胸腺にできる腫瘍「胸腺腫」で作られ、ホルモン分泌を促すタンパク「PIT-1」の作用を阻害する。この結果、甲状腺刺激ホルモンと成長ホルモン、乳腺刺激ホルモンの分泌量が減り、胃炎や肝炎、内臓肥満、骨粗しょう症などを引き起こす。

 研究グループは、下垂体機能低下症を起こした40~80代の男性3人が、共通して胸腺腫を発症していることに着目。うち2人の胸腺腫で、本来ないはずのPIT-1の発生を確認した。

 このPIT-1の存在によって、本来はウイルスに感染した細胞などを攻撃するキラーT細胞が、PIT-1を攻撃する能力を獲得。これが脳下垂体に移り、同症候群を発症させていたという。

 現在の同症候群の患者は、内服薬や注射薬でホルモン補充を続けているが、今回の研究成果により早期発見や根本的な治療法の開発が期待できるという。

 高橋准教授は「卵巣がんや悪性リンパ腫が原因とされる自己免疫疾患『傍腫瘍(ぼうしゅよう)症候群』などの発症メカニズム解明や、根本的な治療法開発にもつながる可能性がある」と話す。(山路 進)

 【胸腺】胸の中央にある胸骨の内側、心臓の上にあるH形の握り拳大の臓器。免疫機能に関わるキラーT細胞など何百万種のT細胞がここで作られる。思春期に最も活性化し、成人になると退化して脂肪組織となることが分かっている。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 29℃
  • 18℃
  • 20%

  • 28℃
  • 22℃
  • 10%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ