医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
他人のiPS細胞を使った世界初の移植手術の様子=神戸市中央区港島南町2、神戸市立医療センター中央市民病院(同病院提供)
拡大
他人のiPS細胞を使った世界初の移植手術の様子=神戸市中央区港島南町2、神戸市立医療センター中央市民病院(同病院提供)
記者会見に臨む理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダー(右)と神戸市立医療センター中央市民病院の栗本康夫同病院眼科部長=28日午後、同病院(撮影・大森 武)
拡大
記者会見に臨む理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダー(右)と神戸市立医療センター中央市民病院の栗本康夫同病院眼科部長=28日午後、同病院(撮影・大森 武)
中央市民病院=神戸市中央区港島南町2
拡大
中央市民病院=神戸市中央区港島南町2
他人のiPS細胞から変化させ、患者に移植された網膜色素上皮細胞(理化学研究所提供)
拡大
他人のiPS細胞から変化させ、患者に移植された網膜色素上皮細胞(理化学研究所提供)
移植手術に使われたiPS細胞(理化学研究所提供)
拡大
移植手術に使われたiPS細胞(理化学研究所提供)

 神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(同)は28日、重い目の病気を抱える兵庫県内の60代男性患者に、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を移植する手術を同病院で実施した、と発表した。iPS細胞を使った移植は、理研多細胞研などが2014年9月、世界で初めて実施して以来2例目で、他人からの移植は世界初となる。

 同病院と理研多細胞研、大阪大病院、京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)が、網膜が傷んで失明の恐れのある「滲出型加齢黄斑変性」の患者を対象に進めている再生医療の臨床研究。

 移植1例目は、患者本人から作ったiPS細胞を使用。視力低下が止まるなど経過は良好だが、11カ月間の待機期間や約1億円に上る費用、移植後の細胞ががん化するリスクなど課題が残る。

 今回は、京都大が拒絶反応の起きにくい型の人の血液から作製、備蓄しているiPS細胞を使い、事前に遺伝子検査を行うことで、がん化リスクを低減。移植まで最短1カ月に短縮でき、費用も数百万円に抑えられるという。臨床研究は、国が今年2月初旬に了承。同6日に患者の募集を始めてから約2カ月で手術が実現した。今回の患者を含め5人程度に行う計画。

 手術は、同日午後2時前から約1時間かけて行われた。事前にiPS細胞から網膜を保護する「網膜色素上皮細胞」を作製。この細胞約25万個を含む溶液を右目の網膜の内側に注入し、定着するのを待つ手法で移植した。

 理研の高橋政代プロジェクトリーダー(55)は「たくさんの患者の治療として使えるようにするのがゴール。責任は重大で、あらゆるリスクに備えて研究を進めたい」と話した。(山路 進)

 【人工多能性幹細胞(iPS細胞)】皮膚や血液の細胞に遺伝子を入れ、体のさまざまな細胞に変化できる能力を持たせた細胞。同様に万能性を持つ胚性幹細胞(ES細胞)が受精卵を壊して作るために抱える倫理的な問題を回避できる。病気やけがで失った組織や臓器を修復する再生医療や創薬への応用が期待される。京都大の山中伸弥教授が開発し、12年にノーベル医学生理学賞を受賞した。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(5月29日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ