医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷

 他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った細胞を移植する世界初の手術が行われた。他人のiPS細胞を使った再生医療は、目だけでなく、他の分野でも研究が進む。本人由来の細胞と比べ、安全性やコスト面などで利点が多いとする今回の手法は、難治患者の大きな期待を背負っており、実用化へ向けた成否が注目される。

 2014年の患者本人のiPS細胞による世界初の移植を含む臨床研究は当初、患者6人で計画された。だが、2例目の患者から作製したiPS細胞に遺伝子変異が見つかり、1人のみの実施にとどまった。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(4月28日)

  • 19℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 5℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

お知らせ