医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
完成した神戸医療イノベーションセンターでレンタルラボに用いられる空間=神戸市中央区港島南町6
拡大
完成した神戸医療イノベーションセンターでレンタルラボに用いられる空間=神戸市中央区港島南町6

 医療関連企業に研究スペースを貸し出す施設「神戸医療イノベーションセンター」が神戸・ポートアイランド2期の医療産業都市に完成した。同都市エリアでは貸し出し用の研究スペースが飽和状態だったため、受け皿となる空間を広げ誘致を加速させる。

 地上5階建てで、延べ床面積は約9500平方メートル。建設費は約34億円で、神戸市の第三セクターOMこうべが整備運営を担う。ポートライナー京(けい)コンピュータ前駅の北側に位置し、スーパーコンピューター「京」の後継機を開発する理化学研究所のチームも入居する。

 医療研究スペースは「ウェットラボ」と呼ばれ、実験時に薬品や機器を水で洗い流すため、壁や床が耐水性になっている。また、3~5階のラボは細胞培養施設に対応し、高さ6・3メートル、広さ約190平方メートル以上のゆったりした空間を提供することで、入居者が用途に応じて内部を整備できる。

 30日の式典で、久元喜造市長は「事業スペースの提供は、企業成長につながる。センター完成を機に、企業集積をさらに高めたい」とあいさつした。(長尾亮太)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(6月29日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ