医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
診療方針を話し合う(右から)松本賢亮さん、須藤麻貴子さん、(1人置いて)城戸佐知子さん、平田健一さん=神戸大病院
診療方針を話し合う(右から)松本賢亮さん、須藤麻貴子さん、(1人置いて)城戸佐知子さん、平田健一さん=神戸大病院

 生まれつきの心臓病「先天性心疾患」があり、大人になった後も診療が必要な患者を対象にした専門外来が神戸大病院(神戸市中央区)に開設され、兵庫県立こども病院(同)と連携して体調管理や社会生活を支えている。手術などの進歩で重症患者も多くが成人を迎えられるようになったが、不整脈や心不全を起こすリスクが高いため、長期的にフォローする必要性が生じていた。(田中伸明)

 2013年1月に開設された「成人先天性心疾患センター」。現在は両病院の医師が、毎週水曜午後に専門外来を担当。10代後半~70代の300人以上を診ている。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(10月22日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

  • 18℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ