医療

医療トップへ
医療ニュース
  • 印刷
兵庫医科大学に入っている兵庫さい帯血バンク=西宮市武庫川町
拡大
兵庫医科大学に入っている兵庫さい帯血バンク=西宮市武庫川町

 白血病など血液病患者に移植する臍帯血(さいたいけつ)を凍結保存し医療機関に供給する「兵庫さい帯血バンク」が、入居する兵庫医科大学(兵庫県西宮市)から退去通告を受けたことが分かった。多額の移転費用や賃料の負担増により、移転先の見通しは立っていない。全国の草分け的存在で、国が許可する六つの公的臍帯血バンクの一つ。昨年度、約1300人に移植された臍帯血のうち、約1割を扱う兵庫のバンクが存続の危機に立たされている。

 国内初の臍帯血移植は1994年に血縁者間で行われた。97年には非血縁者間で始まり、臍帯血バンクの必要性が高まった。兵庫さい帯血バンクは95年、兵庫医大の医師らが中心となって近畿臍帯血バンクの構成組織として発足。2000年にNPO法人となった。

 発足当初から兵庫医大に間借りし、04年に現在の「MR棟」(2階建て延べ約324平方メートル)に移設。臍帯血を調製する無菌管理室や凍結保存するタンクを備え、16年度は145人分を全国の医療機関に提供した。

 兵庫医大は、入院病棟の耐震化などを目的とした新病棟整備計画に伴い、今年7月1日付で退去を通告。18年8月末までの明け渡しを求めている。

 神戸新聞の取材に対し兵庫医大の太城力良(たしろ・ちから)副理事長(70)は「臍帯血の移植医療機関として草創期から支えてきたが、バンクの臍帯血を使った研究は行っておらず、抱える必要性が薄まった。建て替えによる退去の要請はやむを得ない苦渋の決断」とする。

 兵庫さい帯血バンクは、臍帯血の提供で協力してもらっている医療機関の立地を踏まえ、神戸・阪神間で移転先を探す。しかし、無菌室などの整備や設備移設で移転費用を約2億7千万円と試算。現在の賃料は相場の約10分の1で、コスト増は避けられず、事業を継続できる移転先は見つかっていない。

 医師で同バンクの後藤武理事長(73)は「何の相談もなく、突然の退去通告に驚いている。移転となると今の財政状況では抱えきれず、何かしらの支援がなくては活動継続は難しい。臍帯血移植を支えるため、何とかして継続の道を探りたい」と話す。(山路 進)

 【臍帯血(さいたいけつ)】 出産直後の胎盤やへその緒にある血液で、白血病や悪性リンパ腫などの血液がん患者に移植すれば治癒が期待できる「造血幹細胞」を多く含む。2014年に造血幹細胞移植推進法が施行され、非血縁者間の移植に使う臍帯血の採取や保存、提供を担う臍帯血バンクは国の許可制となった。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究にも使われる。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ