医療

医療ニュース
  • 印刷
(左から)手術が成功した長女奈美ちゃんを抱く岩田友香さんと俊介さん、藤原慶一医師=18日午後、尼崎市東難波町2
拡大
(左から)手術が成功した長女奈美ちゃんを抱く岩田友香さんと俊介さん、藤原慶一医師=18日午後、尼崎市東難波町2

 重い先天性心臓病で国内最年少の生後13日で根治手術を受けた女児の両親が18日、兵庫県立尼崎総合医療センター(尼崎市東難波町2)で会見した。母親は女児を抱き「手術がなければ生きられなかったかもしれない。感謝以外ない」と笑顔で語った。

 西宮市の岩田俊介さん(33)、友香さん(32)夫婦の長女奈美ちゃん。心臓から肺へ血液を運ぶ血管に異常が起きる「右肺動脈上行大動脈起始」で、7月11日に手術を受けた。

 友香さんは6月下旬、激しい腹痛を起こし、救急搬送された県立西宮病院で予定より約2カ月早く出産。約1週間後、奈美ちゃんを診察した医師が多呼吸などの心不全症状に気付き、同センターに転院。手術は人工心肺装置を使って約5時間に及んだ。

 執刀した同センターの藤原慶一心臓血管外科長は「早期治療が重要な病気で、直径4ミリの肺動脈をつなぎ直す難しい手術。小さく生まれた新生児でも手術できることを示せた」と語った。

 奈美ちゃんの体重は術後約1600グラムから2150グラムとなり、19日に退院予定という。岩田さん夫妻は「よく乗り越えてくれた。元気に育ってほしい」と話した。(山路 進)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ