医療

医療ニュース
  • 印刷

 関西の医療関係者らでつくるNPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」(大阪府箕面市)が、予期せぬ妊娠や出産の悩みに応じるため今年12月から始める計画だった電話相談の開始時期が、来年2月になる見通しであることが22日、分かった。同法人は「早く態勢を整え、さまざまなニーズに応えていきたい」と話している。

 同法人は今年7月、子どもを育てられないと悩む女性らを対象にした相談窓口を来年3月に神戸市北区のマナ助産院の一角に開設すると発表。面談型相談に先立って電話相談「こうのとり・にんしんSOS」を12月に始める計画も明らかにしていた。

 同法人によると、複数の場所で電話を受けられるシステムの工事が間に合わず、開始時期が遅れるという。相談に応じるスタッフの養成は進んでおり、元助産師や元看護師らが参加する。

 開始後は、通常相談(平日の午前10時~午後4時、土曜日の午後5~9時)と24時間対応の緊急相談を予定している。(新開真理)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 20%

  • 23℃
  • 11℃
  • 20%

  • 23℃
  • 16℃
  • 40%

  • 24℃
  • 15℃
  • 20%

お知らせ