医療

医療ニュース
  • 印刷
神戸薬科大の江本憲昭教授
拡大
神戸薬科大の江本憲昭教授
神戸薬科大の池田宏二准教授
拡大
神戸薬科大の池田宏二准教授

 哺乳類が持つ遺伝子「Fam13a」に血液中の糖を抑えるインスリンの働きを調節する役割があることを、神戸薬科大学(神戸市東灘区)の江本憲昭教授と池田宏二准教授の研究チームがマウスを使った実験で解明したと発表した。糖尿病やメタボリック症候群を防ぐ効果が期待され、人への応用に向けた研究を進める。成果は30日以降の米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。(山路 進)

 チームによると、人は太ると脂肪細胞が肥大し、インスリンの作用が下がり、メタボリック症候群などを発症する可能性が高まる。ところが、太っていても健康な人もおり、肥満と同症候群や糖尿病の発症につながる細かなメカニズムは分かっていなかった。

 チームは、太らせたマウスの脂肪細胞にあるFam13aの量が、通常のマウスの10%未満に減っていることを確認。分析したところ、細胞内でインスリンが正常に働くよう、必要なタンパク質が分解されないように保護する役割を担っていることが分かった。

 Fam13aを持たないマウスは肥満でなくてもインスリンが正常に働かず、太らせるとさらに血糖値が上昇した。一方、多く持つマウスは、太らせてもインスリンの働きで血糖値が上がりにくかった。

 江本教授は「人でも同様の作用を確認できれば、太ってもFam13aを減らないようにする新薬の開発や、糖尿病の新たな予防・治療法につながる可能性がある」と話している。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ