医療

医療ニュース
  • 印刷
クラウド型の電子カルテを使う医師。災害時も患者情報を取り出せる=神戸市中央区下山手通8、隈病院
拡大
クラウド型の電子カルテを使う医師。災害時も患者情報を取り出せる=神戸市中央区下山手通8、隈病院

 神戸市中央区の隈病院が2月中旬、電子カルテのデータをインターネットで保存する「クラウド型」に移行した。クラウドにつながる端末があれば、どこからでもカルテにアクセスできるシステム。従来の方法と違い、常に最新のカルテを保存し、取り出せるため、災害などによる患者情報の喪失を防ぐだけでなく、施設が損壊しても診療の継続が可能になる。

 東日本大震災では医療機関が被災してカルテが失われ、患者データのバックアップが課題となっていた。情報を自前のパソコンや携帯端末ではなく、外部の専用データセンターで管理するサービス「クラウド・コンピューティング」を応用。ネット環境が整えば閲覧や編集ができる。

 甲状腺専門の同病院は、長期のフォローを必要とするバセドー病や橋本病などの疾患に対応するため、診療情報を永久に持っており、その数は約40万人分にも上る。

 電子カルテやスキャンした紙カルテは院内のサーバーで保存するが、サーバーが被災すればデータが失われる恐れがある。さらに、データは業者に委託して外部保存しているが、診療後速やかに記載内容を更新するのが難しかった。

 クラウドサービスは、災害時のデータ散逸と診療中断が懸念される状況を解消しようと導入。ネットを介して関東地方のデータセンターにカルテを逐次、保存し、診察室のパソコンから開けるようにした。万全を期すため、4月からはデータセンターをもう1カ所、西日本にも増やす。

 ノートパソコンでも運用が可能で、隈夏樹理事長は「災害時も少ない機材で診療を早期に再開できる」とメリットを説明。現在クラウドで見られるのは文字や絵図だが、「今後はレントゲンやCTなどの画像も表示できるようになれば」と話す。(佐藤健介)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ