医療

医療ニュース
  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
北島智也チームリーダー
拡大
北島智也チームリーダー

 卵巣にある細胞が分裂して卵子になる際、遺伝情報を持つ染色体が正常に分かれる仕組みの一端をこのほど、理化学研究所生命機能科学研究センター(神戸市中央区)などの国際共同研究チームが確かめた。染色体数の異常によるダウン症や流産などの原因を解明し、予防・治療法の確立につながると期待される成果。米科学誌「カレントバイオロジー」の電子版に掲載された。(佐藤健介)

 細胞には染色体が2本1組で束ねられている。細胞が2個に分かれる時、染色体がコピーされて倍増。2本1組を保ちつつ、それぞれの細胞に等分される。

 卵子のもとになる卵母細胞は2度分裂。1個から4個に増え、うち1個が卵子になる。だが、1度目の分裂が終わるまでに2本1組の染色体が離れると、流産などのリスクが出る。染色体の結束を維持する仕組みは分かっていなかった。

 研究チームは、マウスの卵母細胞で1度目の分裂を観察。すると、染色体が接着する領域で、タンパク質を活性化させる酵素「PIAS1」が増えていた。PIAS1の作用を抑えると染色体が離れたことなどから、染色体の結束にPIAS1が関わっていることが裏付けられた。

 人間は加齢により卵子の染色体の分裂失敗が増えると考えられており、北島智也チームリーダーは「卵子の老化と染色体数の異常がどう関係するのか、理解する手がかりになる」としている。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ