医療

医療ニュース
  • 印刷
廣瀬英生さん
拡大
廣瀬英生さん
市川万邦さん
拡大
市川万邦さん

 へき地医療に尽力する医師をたたえる「第5回やぶ医者大賞」の審査会が23日、養父市役所であり、山梨県南部町にある「南部町国民健康保険診療所」所長の市川万邦さん(48)と、岐阜県郡上市にある「国保和良診療所」所長の廣瀬英生さん(41)が選ばれた。

 同賞は養父市が2014年に創設。下手な医者を指す「やぶ医者」の語源が、元は養父にいた名医を意味する言葉だったことにちなむ。今回は5県の5人から応募があった。

 市川さんは小児科と内科を基本に、認知症患者にも寄り添った医療活動を行っている。他の医療機関や行政、地域と連携し、住民の日頃の健康増進などにも力を入れている。

 廣瀬さんは、山間部で総合診療医として活躍。複数の病院や診療所と連携し、自治体の垣根を越えた医療サービスを提供している。介護や介護予防、生活支援なども含めた地域包括ケアの実践活動も評価された。

 表彰式と受賞者の講演会が8月25日、養父市広谷のビバホールである。(桑名良典)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ