医療

医療ニュース
  • 印刷
熱中症予防情報サイトのスクリーンショット
拡大
熱中症予防情報サイトのスクリーンショット

 連日の猛暑で、熱中症とみられる症状で搬送される人が相次いでいます。もし周囲に熱中症が疑われる人がいたら、どのような応急処置をするのが望ましいのでしょうか。環境省の「熱中症予防情報サイト」から、とっさの際に役立ちそうな情報を紹介します。

 ■熱中症と日射病、どこが違う?

 環境省の熱中症環境保健マニュアル2018では、熱中症の症状と重症度分類を解説しています。このマニュアルは熱中症を「暑熱障害による症状の総称」と位置づけ、1、2、3度(マニュアルの表記はローマ数字)に分類しています。

 1度=めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、手足のしびれ・気分の不快の症状があり、症状から「熱失神」「熱けいれん」と診断

 2度=頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感の症状があり、「熱疲労」と診断

 3度=2度の症状に加え、意識障害・けいれん・手足の運動障害、高体温の症状があり、日射病と診断

 ポイントは意識がしっかりしているかどうか。「少しでもおかしいと感じた場合は、2度以上と判断して病院への搬送が必要です」と強調しています。

 ■どんな応急処置が必要?

 熱中症予防情報サイトのトップページから、「熱中症」→「熱中症の対処方法(応急処置)」と進むと、イラスト入りのわかりやすい図で、症状に応じた応急処置が示されます。

 求められる応急処置としては、(1)風通しの良い日陰やクーラーがきいた部屋に避難(2)衣服を脱がせ、水をかけるなどして体を冷やす。氷のうなどがあれば、首や脇の下、太腿の付け根を集中的に冷やす(3)冷たい水を飲んでもらう。応答がない場合、誤って水分が気道に流れ込む可能性があるーなどが上がっています。

 また、気象情報会社ウェザーニュースの公式ツイッター(@wni_jp)も、気象情報と合わせて熱中症への注意を呼び掛けています。(ネクスト編集部)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ