医療

医療ニュース
  • 印刷
協定を締結した井戸敏三知事(右)と石井登志郎西宮市長=県公館
拡大
協定を締結した井戸敏三知事(右)と石井登志郎西宮市長=県公館

 兵庫県の井戸敏三知事と西宮市の石井登志郎市長は21日、県立西宮病院と同市立中央病院の統合再編に関する基本協定を締結した。新病院は県営とし、アサヒビール西宮工場跡地(同市津門大塚町)に移転新設する。県立病院と市町立病院の統合は県内初で、2025年までの開院を目指す。

 締結式には県会や同市議会の議員らも同席。井戸知事が「急性期にも対応できる高度医療が提供できるようになる。諸条件は既に県市で協議が終わっており、従来よりも早い期間で整備できるはず」との見通しを語ると、石井市長も「市民だけでなく、県民に役立つ病院になるよう全力を尽くす」と述べた。

 新病院の整備費や運営費の一部は市も負担し、職員の派遣や設置される運営協議会を通して経営に携わる。一方、県立病院の跡地利用については両者とも「今後、しっかり協議していく」と述べるにとどめた。(前川茂之)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ