医療

医療ニュース
  • 印刷

 糖尿病患者の筋肉が落ちるメカニズムを、神戸大学大学院医学研究科の小川渉教授(代謝糖尿病学)らの研究チームが世界で初めて明らかにした。高血糖の状態が特定のタンパク質に作用し、筋肉量を減少させることを確認。加齢により全身の筋力が弱まる「サルコペニア」などの治療薬の開発につながる可能性もあるという。論文は21日、米科学誌電子版に掲載された。

 糖尿病では、高齢になるにつれ筋肉が減少しやすいことが知られている。従来は、筋細胞の増殖作用もあるインスリンが十分に働かないためという仮説が有力だったが、今回の研究で覆された。

 小川教授らは、重度の糖尿病で筋肉が減少したマウスと、正常なマウスを比較。健康な状態ではほとんど見られない「KLF15」というタンパク質が、筋肉中で4倍以上に増えていることを突き止めた。KLF15を取り除いたマウスは、糖尿病になっても筋肉量は減らなかった。

 さらにKLF15は、「WWP1」というタンパク質(酵素)の作用で別のタンパク質「ユビキチン」と結合し、分解されることを発見。血糖値が上昇するとWWP1が減少し、KLF15が蓄積されることで、筋肉を減少させることを突き止めた。WWP1とKLF15は、糖尿病以外の筋肉減少にも関係している可能性が高いという。

 サルコペニアになると感染症や循環器疾患、認知症などさまざまな病気にかかりやすくなり、介護・医療現場で対策が課題になっている。長期入院や骨折によるギプス固定などでも筋肉は減少するといい、小川教授は「WWP1やKLF15に直接作用する薬が開発できれば、画期的な効果が得られるのでは」としている。(広畑千春)

【糖尿病】 膵臓(すいぞう)で作られるインスリンが十分に働かず、血液中のブドウ糖(血糖)が増える病気。慢性化すると心臓病や失明、腎不全などの合併症を引き起こす。2016年度の国民健康・栄養調査によると、国内の患者数は約1千万人。糖尿病の可能性を否定できない「予備群」も約1千万人いるとみられる。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ