医療

医療ニュース
  • 印刷
リハビリを体験する女優の河合美智子さん=神戸市中央区三宮町2
拡大
リハビリを体験する女優の河合美智子さん=神戸市中央区三宮町2

 脳卒中からの回復を目指す民間施設「脳梗塞リハビリセンター神戸」が、神戸・三宮のセンタープラザ西館7階にオープンした。保険外の全額自費負担で、患者一人一人の後遺症に合わせたリハビリを提供。時間や内容が制限される公的保険では足りないと感じる患者ニーズに対応する。

 運営は株式会社ワイズ(東京都)。首都圏を中心に施設を展開しており、兵庫県内では初めて。

 国は医療費増加を抑えようと、医療保険が適用されるリハビリの期間を制限。脳卒中などの病気がある患者の場合は、最大180日で1日当たり3時間などと規定している。さらに今年4月から、介護認定を受けた人は、医療保険が適用される外来リハビリを利用できなくなった。

 また、介護保険では集団リハビリが中心。脳卒中などの後遺症は人によって異なり、各自の機能改善につながらないとの不満もある。同社の早見泰弘会長は「公的な制度の隙間から抜け落ちるリハビリ難民が増え続けている」という。

 23日の内覧会には、豊岡市在住の女優河合美智子さんが登場。3年前に脳出血で倒れ、現在も右半身にまひが残る。センターでリハビリを体験した河合さんは「小走りができてうれしい。良くなる方向にイメージできた」と語った。

 センターでは、理学療法士やトレーナーらが常駐し、個人の状況に合わせてリハビリを計画。はり・きゅうやマッサージを施したり、体幹を鍛えたりする。床が畳、カーペット、フローリングになっており、段階的な歩行訓練ができる。

 基本プランは60日間で1回2時間の施設内リハビリ16回、約29万円。脳梗塞リハビリセンター神戸TEL078・515・6945

(長沢伸一)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ