医療

医療ニュース
  • 印刷

 みとりや緩和ケア、死生観などについて課題を探り、最新事情を報告する「日本死の臨床研究会」の年次大会が11月3、4日、神戸・ポートアイランドの神戸国際展示場などで開かれる。43回目を迎える今年は「生と死をめぐる葛藤を支える」がテーマ。安楽死や尊厳死を取り上げるシンポジウムのほか、無料の市民公開講座も用意している。(紺野大樹)

 日本死の臨床研究会は1977年に創設。毎年、年次大会を開いている。神戸での開催は88年の第12回以来3回目。今年は六甲病院(神戸市灘区)の安保(あぼ)博文・緩和ケア内科部長と、神戸市内でホームホスピスを展開するNPO法人「神戸なごみの家」の松本京子理事長が大会長を務める。

 進行がんの治療継続をめぐる葛藤について医師らが意見交換するシンポや認知症の人のみとり、災害とグリーフケアをテーマにした講座など多彩な内容がそろう。日本人の「死の文化」を題材にした講演もある。

 神戸国際展示場では4日午後1時半から「死を背負って生きる」と題した無料の市民公開講座を開催。日本尊厳死協会副理事長で、在宅医療に取り組む長尾クリニック(尼崎市)の長尾和宏院長を座長に、淀川キリスト教病院の柏木哲夫・名誉ホスピス長が語る。

 安保医師は「近年、人生の終末期の医療において、患者や家族は生と死のどちらかを選ぶことが求められている。人には生と死の葛藤に苦しむ権利もあること、それを支えるケアこそが必要なことなども議論したい」としている。

 参加費は会員以外は1万1千円、学生3千円(ポケット版プログラム1冊を含む)。シンポや講演の予定は「第43回日本死の臨床研究会年次大会」ホームページで確認できる。

 運営事務局TEL06・6131・6605(あゆみコーポレーション内)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新

天気(1月22日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 40%

  • 12℃
  • 0℃
  • 40%

  • 12℃
  • 3℃
  • 40%

  • 11℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ