経済経済keizai

  • 印刷
広島県尾道市の「尾道ベッチャー祭り」の風景をラベルにあしらったワンカップ(大関提供)
拡大
広島県尾道市の「尾道ベッチャー祭り」の風景をラベルにあしらったワンカップ(大関提供)

 清酒大手の大関(兵庫県西宮市)は11日から、広島県尾道市の「尾道ベッチャー祭り」の写真をあしらった「上撰ワンカップ」を12月末まで期間限定で販売する。地域の伝統行事と連携した「お祭りラベル」商品の第3弾で、住民の関心が高い祭りを活用して新規顧客の獲得を狙う。

 ベッチャー祭りは吉備津彦神社の大例祭で、江戸時代後期に始まったとされる。無病息災を願い、毎年11月1~3日に尾道市内で開かれる。ワンカップのラベルには、てんぐや大蛇の面を着けた氏子と獅子が、市内を練り歩く様子を描いた。

 同社は今夏、岡山県の「備中たかはし松山踊り」と連携した商品を発売。知名度を上げて観光振興につなげたい地元と、地方の祭事を販促の機会としたい大関の思惑が一致した。10月3日からは第2弾として香川県三木町の祭り「獅子たちの里 三木まんで願。」ラベルを売り出した。

 いずれも、地元を中心に全国の酒販店やスーパーなどで販売し、参考小売価格は235円(180ミリリットル入り)。同社お客様相談室TEL0798・32・2016

(中務庸子)

経済の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ