経済経済keizai

  • 印刷
川崎重工業が追加受注したメトロノース鉄道の通勤電車(川重提供)
拡大
川崎重工業が追加受注したメトロノース鉄道の通勤電車(川重提供)

 川崎重工業(神戸市中央区)は17日、米ニューヨーク州交通局傘下のメトロノース鉄道から、通勤電車60両と既存車両の改造など総額320億円の案件を受注した、と発表した。一部車両のステンレス製車体を兵庫工場(同市兵庫区)で、全車両の台車部品の一部を播磨工場(兵庫県播磨町)でそれぞれ製造し、輸出する。

 メトロノース鉄道への納入は2011~15年以来2回目で、今回の受注分は19~21年に納入する。60両に加え、最大34両を追加受注する可能性があり、全て納入すると同鉄道の車両の52%が川重製となる。

 今回の受注車両は、ニューヨークとコネティカット州ニューヘブンを結ぶ116キロの路線を走る。ニューヘブンには川重の初代社長、松方幸次郎が留学した名門エール大学がある。(高見雄樹)

経済の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ