経済経済keizai

  • 印刷
「三宮オーパ2」の外観イメージ図(イオンモール提供)
拡大
「三宮オーパ2」の外観イメージ図(イオンモール提供)

 イオンモール(千葉市)は26日、ダイエー神戸三宮店(神戸市中央区)の2~9階で新たに展開する商業施設「三宮オーパ2」を、2月24日にオープンさせると発表した。食や雑貨、健康などに関する約50の専門店をそろえ、新たな生活スタイルを提案する。

 運営は、イオンモール子会社のオーパ(千葉市)が担う。三宮オーパ2は、350万人が住む半径30キロを主な商圏に設定。中心的な客層である20代女性に加え、市街地で働く人や周辺住民を照準に定める。

 ファッションと雑貨の2階に和食材のセレクトショップ「久世福商店」などが出店。「美と健康」がテーマの3階には化粧品、特注枕の店などが入る。5階には、家具や生活用品を扱うイオンリテール(同)の新業態店「ホームコーディ」が登場。8~9階のレストラン街には15店を誘致し、吹き抜けの構造で開放感を演出する。

 ジュンク堂(7階)と、IBS石井スポーツ(6階)は引き続き営業する。(長尾亮太)

経済の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ