経済経済keizai

  • 印刷
「神戸国際港湾会議」で基調講演する神戸大学の黒田勝彦名誉教授=13日、神戸市中央区、神戸国際会議場(撮影・田中靖浩)
「神戸国際港湾会議」で基調講演する神戸大学の黒田勝彦名誉教授=13日、神戸市中央区、神戸国際会議場(撮影・田中靖浩)

 神戸港開港150年目の記念行事「神戸国際港湾会議」が13日、神戸市中央区の神戸国際会議場などで始まった。欧米、アジアの18カ国・地域の港湾関係者が一堂に会し、基調講演が行われたほか、物流やクルーズの展望などをテーマにした分科会などで活発に議論が交わされた。

 国内外の28港から約300人が参加。神戸市は港の節目を機に、阪神・淡路大震災からの復興や港湾施策をアピールする。同市は会議に合わせ、アジアの7カ国・地域の9港とそれぞれ、連携協定を結んだ。

経済の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ